相続マイスター講座8期 第8講座の感想

第八講座小林智
今回の講義の内容は、信託を活用した相続の形に関する内容でした。実際に存在したものを例としてあげる事で、信託をすることでどのようなスキーム構築をする事ができるのか、また分かりにくい部分に関しては、分かりやすい具体例を取り入れて下さったので、内容は少し難しいものであると感じた部分もありましたが、自分の中で内容を理解する事ができました。

講義中に質問を受ける事に関しても、自分が分かりにくい部分に関してや、このような件ではどうなるのかなど、講義の中で疑問に思った事も質問する時間があってよかったです。

H様
2015-11-21-14.00.20
「信託を活用した相続スキームの事例紹介」というテーマで、信託のスキーム構築の実務が非常に面白いと感じました。

その中でも特に信託を構築する際、柔軟性がある点が面白く感じました。議決権指図権者をスキームお中に含めたり、自益者信託や他益者信託があるスキームなど、様々なスキームの形があって、クライアントの要求次第で多様なスキーム構築が可能です。

今後相続の形としてもっと身近なものになっていくのではないかと感じさせられました。今回の講義をきっかけにいろいろなケースを知ることで、理解を深めていきたいです。

R様
「信託」という言葉はよく耳にしますが、どのような考えをもったお客様に活かせるスキームなのかはよく分かっていませんでした。

今回の講義では「信託」の基礎を明確かつシンプルに教えていただいて理解が深まりました。
特に受益権分離型信託の説明では、信託受益権を元本受益権として収益受益権に分け、割引現在価値の考え方を用い評価する、ということがよく分かりました。

それ以外にも信託を活用した相続対策の実例が多く提示されており、非常に興味深い講義でした。

F様