相続マイスター講座8期 第7講座の感想

第七講座國武久幸

急な講師依頼であったとおっしゃっていましたが、國武先生は違う先生が書いたレジュメでも自身の知識量や経験等でカバーしてると講義を受けている際感じました。


レジュメの量もとても2時間ではおさまりきれない程のものでしたが、11つ丁寧に説明している様子で落ち着いている方だなという印象を受けました。

内容も私にとってとても難しいものだと感じましたが、これからの業務に活かすことができるよう理解を深めたいと思いました。


I様

2015-11-21-10.41.24

今回は「相続税の増税対策としての生前贈与」というテーマで講義が行われました。講義では贈与とはどういうものかという話から、申告手続きなどの実務についてまで、幅広く生前贈与についての内容でお話がありました。


特に贈与について知らない自分自身にとって、贈与の基本的な意味や効果について、詳細に説明があり、大変有意義なもので、勉強になりました。

また、実務面の話においては、納税対策の方法や当局の税務調査の視点など、今後実務に携わった際に役に立つものになるはずだと感じました。


今回の講義をきっかけに生前贈与について今回のレジュメ等を見返したり、様々なケースを通じて理解を深めることに努めていきたいと思います。


Y様

贈与税について大変詳しくお話頂いたので、どのように生前贈与を行っていけばよいのかが、非常によく分かりました。
夫婦間や親子間などで贈与を行う場合、どのような財産をどのような手続きを踏んで贈与すればよいか、など具体的な事例を挙げて頂きながらの説明だったので、イメージを持ち易かったです。

レジュメも非常に内容の濃いものだったので、講義内容をよく復習して実務に活かしたいと思います。

S様