fbpx

相続マイスター講座18期   第1講座の感想

清田幸弘_ランドマーク税理士法人16-1
関与先は生産緑地を持っていらっしゃるお客様が多く、継続するか宅地転用して物件を建築するか迷っているお客様も多いため、今回の講義で得た知識を月次監査の場面でお客様に提供できると考えます。
また、農地の納税猶予に関しては適用することにより、土地の評価が減額でき相続税が大幅に減額できる場合があると学んだため、適用の用件、可否について理解を深めることで実用に近づくことができ、お客様の節税に繋がると考えました。 I様
清田幸弘_ランドマーク税理士法人16-2
2022年に生産緑地の指定から30年が経過し指定解除が可能になり大きな転換期を迎えることを学んだ。指定を解除するか、継続するかの選択で土地の用途や相続にかかる税額等に大きな差が生じる。担当するそれぞれのお客様の状況を確実に把握しお客様にとって最もメリットのあるご提案ができるようになりたいと強く感じた。また生産緑地の解除により土地の供給過多による地価の暴落が予想される。このように一つの事象をとってもたくさんの変化があるため常に学ぶ姿勢を持ち自分自身の知識を深めていきたいと感じた。 O様
清田幸弘_ランドマーク税理士法人16-3
今回の研修で相続はスピードや正確さが特に重要であるということがわかりました。このポイントを活かして、社内でも日ごろのエントリや収入表の入力といった業務から、スピードや正確さを意識して業務を行っていくことが大切だと思いました。
また、相続に関することにかかわるまでは知りませんでしたが、相続は日本経済を回しているということを教えていただき、とても大きな業務だということが分かったため、社内でもその大きな業務に携わっているという自覚をもって自分の業務を行っていきたいと思いました。 O様
S様
月次監査部署配属になると相続に触れる機会が少ないですが、相続の知識は必須だと考えます。月次監査時にお客様と相続の話になることが多いため、活用していけたらと思いました。法人設立や物件売却などの提案は所得税・法人税だけでなく、相続税も含めて提案することで成約率が上がると考えました。

S様
相続対策メニューを今回の講義で頂き、生前対策といった対策について、来年度以降正社員として働く上で参考にしたいと思いました。また、所得税や資産税といった令和3年度の税制改正について詳しく教えて頂き、税制について勉強するとともに税制の動きについて日々注力していきたいと思いました。社内ではまだ税について触れる機会があまりないですが、内定者のうちに税制について勉強したり、税制の動きについて理解していくことで来年度以降社内での業務に活かせると思いました。

H様
今回の講義の前半では、相続税の入門的な内容を含め、清田さんが実際にお父様から相続したときの実例をもとに、さまざまな節税方法を勉強することができました。自分が相続案件に携わるのは4月以降であると思いますが、これから視聴する相続税研修と結び付けながら、理解を深めていきたいと考えています。また、清田さんが農家出身者ということもあり、農地を所有しているお客様も多くいらっしゃると思うので、今回学習した生産緑地制度や、来年迎える2022年問題に向けてより一層理解を深めて来年に活かしていきたいと考えています。

M様
前半では清田さんの実体験から、相続対策の大切さや、実際に行った相続対策についてお話してくださった。 いかに遺言、生前贈与、所得の分散、保険など普通の一般人では考えられない内容を提案し、実行することが大切か分かった。また、税金を抑える考え方のみではなく、実際のお客さんの感情的な面でもサポートをしつつ、家庭全体を考える相続対策を手伝うことができて一人前であるとわかったので、それを目指していきたい。 税制改正の内容は、ちょうど一年目の自分にとっては確定申告の作業で使う知識が多く、医療費控除についてなどすぐに実践的に使う機会が出るのでとてもためになった。ちょうど納税猶予の継続の手続きを行うところだったので、いかに大切で責任重大な作業を今行っているかを知ることができた。

A様
清田さんの実体験を詳しく聞けたことでより想像が付きやすく実際に相続が起こった時にどう動くか、なにを気を付ければいいか再確認する点も含めてとても参考になりました。
納税猶予に関しては実際に届出の作成も行ったので、話がより入ってきたのと改めてその重要性を知ることができました。
税制改正についてはお客様でも気になっている方が多くいらっしゃるので日々動向をうかがっておきたいと思います。
生産緑地と納税猶予は少し頭の中でこんがらがることがあったので、しっかり復習をしてお客様からの質問等にも対応できるようにしていきたいと思います。

K様
遺産分割協議が遅れた際のデメリットをお客様にお伝えすることで、遺言等の話にも繋げられるのではないかと感じた。 また、養子縁組について、関与先の中に既に養子をとられているお客様がいらっしゃるので、今回学んだことを質問された際には自信をもって答えていきたい。 生産緑地についてはメリット・デメリットを踏まえた上で、2022年問題についての話に繋げられており、非常に飲み込みやすかった。こうした話の展開を参考にして、お客様に説明することも意識していきたい。

Y様
冒頭の1時間では相続にはじめて触れる方でもわかる相続税の講義がありました。私は月次部署で有料試算くらいでしか相続税に増える機会がないのでいい復習になりました。清田さんの相続対策の実体験を基に話が進んでいたので想像しやすく、現在進めている法人化の試算や同族法人への物件売却がどのような効果があるのかより深く理解することができました。

O様
生産緑地制度とは何か、メリット・デメリットを踏まえてご説明していただきました。生産緑地では相続税・贈与税の納税猶予を受けることができますが、建設した土地は対象外となるため、その点も注意しながら、メリット・デメリットを正しくお客様にご説明できたらよいと思います。
生産緑地は、相続税の評価に関係してくるため、生産緑地の評価方法をしっかりと理解し、評価する際には活かしていきます。
また、農地の納税猶予の適用された場合、相続税額を大きく減額できるケースもあるため、適用の可否についてもポイントをしっかりと抑えて、判断できるようにしていきたいと思います。

T様
今回の講義では相続の基本的な流れを教えて頂き、相続発生からの素早い対応やより円滑に進めるための対策等、業務を行うにあたってまず頭に入れておくべき知識を学ぶ事が出来た。相続は感情が大きく伴ってくるため、お客様に寄り添って柔軟な提案を行う必要があることも理解した。また、軽く触れられた税制改正の話を受けて、変化していく法や制度を見落とさず、専門的な知識をいちはやく習得する必要があると感じた。

K様
生産緑地制度と農地の納税猶予について詳しくご説明頂きました。生産緑地が売却できるケースとして生産緑地の指定後、30年経過後売却できるというお話がありました。そのお話の中で翌年2022年に生産緑地改正後30年を経過するため今後お客様への提案として大きく関わってくる制度だと思います。また、生産緑地の指定を受けているお客様において、土地の保有を継続するのか、土地を活用するのかによって相続税金額が大きく変わってくるので適切な対策に促せるよう今回の講義で得た知識を活用すべきだと感じました。 また、納税猶予においても、土地の状況によって適用できる土地なのかという判断を自ら判断し、摘要された場合には大幅な削減が期待できるので知識として身につけるべきだと感じました。

S様
講義を通して税務コンサルタントという職業の奥深さ、面白さを学ぶことができました。講義の前半で、清田さんが、相続対策メニューを用いて、お客様にどういった提案をすれば節税ができるのか、納税額を減らすことができるのかということを、一つ一つ丁寧に教えてくださいました。その中でも特に、生前対策について、様々な案があり、非常に勉行になりました。相続税という税金、相続税法という税法をいま一度しっかりと学習していきたいと感じました。
また同時に、ランドマーク税理士法人では、そういった提案から準備、相続まで他の会計事務所や税理士法人よりも迅速に進めることができるということも仰っていました。その一員になったからには、これからこの先、ずっと勉強していく姿勢を忘れずに、業務に取り組んでいきたいと感じました。
後半は、主に生産緑地の問題について考えていきました。正直、自分のレベルでは、どのくらい大きな問題なのかを理解することは難しかったですが、地価の下落が見込まれるということで、そういった点にも常にアンテナを張っていかなければいけないと感じました。
相続税の業務に携わるにあたり、最後に清田さんが仰っていたように、人とのつながり、信頼を大事していきたいと思いました。生前対策においても、例えば法人の設立であれば保険会社や建設会社とのつながりが生まれます。そもそも、相続そのものが、人の死をきっかけに始まる財産の取得であるために、人との信頼を大事にしていかなければなりません。本講義では、清田さん自らの経験をもとに、相続について教えて頂きました。今日学んだことを忘れずに、自身の今後の人生に活かしていきたいと思います。

H様
使う予定のない問題地などは売却までに相当の期間を要するため、何年も前から売却などの計画を立てておく必要がある。 ただ賃貸物件を購入するだけではなく利回りを意識することが重要であり、利回りが低いと今後の資金繰りが厳しくなるため賃貸物件の購入を進める場合はその点もしっかりと吟味する必要がある。
法人設立は財産の分散、所得税、相続税など様々な点から有利であるため財産規模の大きいお客様には提案できるように勧めていく。
贈与は生前贈与、教育贈与、建築贈与など様々なケースが存在するため1つ1つしっかり理解して節税の提案をする。 相続税の申告期間は10か月と長いように見えるがそんなに余裕がないためスピードを意識することが重要である。 相続人に相続税を引いた後の手渡しでいくら渡してほしいという要求も多くくるため相続税の計算を完璧にしておく必要がある。
お客様が所有している土地が何の目的で所有しているか明確にするため色分けすることが大切である。
生産緑地制度は土地の評価額を大幅に減少させることができるが、建築できないなどのデメリットも存在するため、制度を利用するかどうかしっかりと考える必要がある。
遺言は被相続人が方向性を作って、その後相続人と相談しながら遺言を作っていく方法も非常に有効である。

K様
相続税の試算について、ランドマーク税理士法人以外の税理士は申告期限がギリギリになってしまうが、他よりも素早く処理することでお客様から信頼と安心を得ることができると思いました。そのため、スピードを意識して仕事に臨むことが大切になってくると思いました。
遺言書の作成について、必ずお客様にお勧めすることで新たなビジネスチャンスが生まれるため、営業をする際は忘れずにお話することが必要だと思いました。
お客様の中に生産緑地2022年問題に該当する土地を所有している方が少なからずいらっしゃると思うため、この制度を理解することとどのような対策ができるか事前に調べ、答えられるようにできるといいのではと思いました。

K様
相続対策については、月次監査時にもお客様から相続の話がありますので今回学んだ、生前贈与や生命保険等の説明は実際に活用できるお客様が多いので、監査時にお客様に話すときに活かしていきたい。
また、土地の活用は相続に関しては大きな影響を持つので的確なアドバイスができるよう本日の講義を参考にしていきたい。
生産緑地や農地の納税猶予は生産緑地が解除される来年に向けて、問題となる点や解除した場合の注意点等はとても勉強になりました。

N様
本日の講義では、相続税についての基礎的な知識や相続税の節税方法について学びました。
私は現在、エントリ作業を業務として行っているため、直接的に相続税に関わる事はしていませんが、今度入社してから相続税に関しての業務はどのような物なのか、イメージしやすくなりました。
また、かなりの種類の節税対策がある事を学び、多くの知識を得る必要があると考えたため、今後も勉学に力を入れて行きたいと考えました。

I様
ランドマーク税理士法人の原点は相続税・所得税をどのように減らすかというところにあったというお話を伺って、クレドにもあるように出発点を見失わないことが重要だと感じました。基本的な税務の知識だけでなく、お客様がどのようなことに疑問を抱かれることが多いのか、どんな資料であれば理解しやすいかなどを意識して学びたいと思います。
2022年に生産緑地の登録30年を迎える土地が多いため地価が下落する可能性が高いという事実は、地主層のお客様にとっては大きく影響する場合もあると思うので、知識として共有することが必要だと考えました。

N様
清田さんの相続税納税に関して具体的にご説明があり、難しく捉えがちな相続税に関して、税について初学者である私でも明確に理解ができました。また、相談を頂いて一か月後には実際に土地を見に行き、昨年の路線価を基に概算納税額を二か月後には出すなど、スピードが圧倒的で、ランドと他社との業務の進め方の違い等が明確になりました。自分が今後業務にあたった時に自信をもって説明できるようなイメージを持つことができました。
相続は分割に際して、骨肉の争いに発展する場合もありますが、対策次第では各方面が満足した結果を得られるようにもなる、非常にやりがいのある分野だと感じ、ますます意欲が増しました。農協や銀行とのお付き合いについて、昔からのお取引だ、くらいに考えておりましたが、相続に際して、様々な節税策に各方面が関与している結果の現在に至るお取引だと理解できました。これまで積み重ねてきた信頼を失うことが発生しないよう、忠実に業務にあたる所存です。
生産緑地や農地の納税猶予などは、初めて勉強するテーマでした。メリットデメリットの両面を理解し、お客様へのご提案の幅が広がったと感じました。また、このような複雑多様な相続にかかわる各制度に対して、まだまだ理解が足りないことを実感し、ランドマークの研修はもちろん、意欲的に勉強を続けていく所存です。

A様
全て入社後の業務に活かすことができる知識であったと思います。特に、相続税の生前対策については、入社後お客様に説明ができるくらいにはならないといけないと思うので、今回生前対策はどのようなものがあるのか、ざっと知ることができたことは、これから知識を増やしていくための大きな一歩になったと感じました。今回お話があった内容以外にも、生前対策の方法はあると思うので、これを機にいろいろ調べて学びたいと思います。
それから、相続税の計算方法について、お話にあったドーナツとお饅頭をイメージしながら、入社後相続に関わるときにすぐに計算できるようにしておきたいと思いました。

W様
遺言の重要性や相続人の順位は事前に学んだことがありましたが、養子縁組の基礎控除額について、またアパートを建設すると相続税は少なくなること等、知らないことが多く、今後の業務に必要なことを学ぶことができたと思います。入社後には、お客様に分かりやすく説明できることが大切だと思うので、今の時期に生前対策について触れ、知識を得ることができ、貴重な講座でした。今回いただいた教材の税金ガイドを活用しながら今回学んだ生前対策だけではなく、他の方法について幅広く深く学習を進めていきたいです。
また、相続税の計算時に今までは混乱していたこともありましたが、ドーナツとお饅頭を用いて説明してくださり、とても理解しやすかったので、今後もドーナツとお饅頭をイメージしながら考えようと思いました。入社後に相続に関するときにすぐに説明、計算できるようにしておきたいです。

T様
相続税対策の提案の具体例を学びました。相続税対策にはどのようなものがあるのか全体の流れを把握することができ、今後相続税対策の対応をする際にお客様の選択肢を増やすより多くの提案ができるようになると考えます。また相続税対策では我々は提案する立場であり選択するのはお客様であること、金額面だけでなく感情面にも寄り添わなければならないことは今後お客様の対応をする上で大きな指針としたいです。生産緑地については2022年に約8割の土地が期限である30年を迎えるということで、これらについて知識を深めることで今後のお客様の相談により多くの知識をもって対応できることが期待できます。

S様
土地などの不良資産を相続税の納税資金に充てる。講義の中で出てきた山の活用例ですが、これは事前準備が功を奏した事であり、逆に対策をせずそのままにしてしまうと現金化が難しく税金も発生するデメリットがあります。
ここで学べることは事前の対策が大切であり、それはまさに我々の業務だということです。お客様に良いアドバイスを行い弊社も潤いお客様も節税に繋がる。

K様
・逆算して取り組む姿勢を持つ
お客様に「早め・速さ・正確さ」がそろったものをお届けするには、日頃の業務がその申告の1部であるかもしれないと思い、自分自身の業務もこれを意識して効率よく行うことが必要であると感じました。
・固定概念を強く持たない
遺言書作成などについて、それぞれの家族によって正しい形は変わってくるというお話がありました。お客様に提案する場面では、より多くのパターンをご提案し、これが絶対にいいと固執してしまわないように注意するべきだと思います。一方でお客様なりの相続を優先するあまり、何も提案をしないというのは避けるべきだと考えました。提案がされないのであればお客様も依頼したかいがないと思われるかもしれませんし、ご家族同士の争いにならない為にこうされるとよいですよ、という引き出しを全ての担当者が多く持てるよう社内での情報共有が必須であると感じました。