相続マイスター講座 第10講座の感想

第十講座小嶋和也

小嶋先生の講義を受講するのは二度目ですが、直近の事例も交えてお話してくださるので同じテーマでも新鮮味をもって受講できました。

自筆証書のデメリットと公正証書のメリットの遺言のエピソードはお客様に公正証書遺言をご提案する際に導入としてすぐ応用できそうでしたので、複数のパターンをしっかりと理解し、そのお客様に最適なエピソードを用いて、今後ご提案をしていこうと思います。

T様
第10講座_小嶋和也
今回の講義は、講師が実際に携わった案件をもとにした内容で、大変面白かったです。また、実務の話が実際のケースから行われ、大変勉強になりました。 

その一方で、様々なケースについて話が行われましたが、非常にリアリティがあり、生々しさを感じました。
 講師の話の中にもありましたが、世の中には様々な人がいるということで、相続のケースも多様なものとなります。その結果もめることもあります。 
そこでもめることを可能な限り防ぐために、遺言や養子縁組を活用することが重要であるということです。
しかも死ぬ直前ではなくできるだけ早くすることで効果が出るということです。

法律の実務から相続について話でありましたが、今後役に立つこともありそうです。

N様
相続マイスター講座10_小嶋和也
遺言、養子縁組で揉めた事例を多数挙げていただいたので非常に興味深くお話を伺うことができました。 様々なケースがあると思うので、事例に基づいたお話は今後実務でも役に立てることができるのではないかと思いました。 また、様々な揉めた事例を伺いましたが、揉めないためにも早めの養子縁組と遺言の準備をすることの重要性を学びました。

S様
丸の内相続大学校8期第10講座_小嶋和也
遺留分の減少請求は法律上では請求側において遺留分として現金を請求することができず、請求された側が現金により支払うか選択することができることや、生前贈与は早い方が減殺請求において圧倒的に有利であること等勉強になりました。

W様