相続マイスター講座11期   第6講座の感想

11_6takahashiy_1
近年の小規模宅地特例の法令改正により定義が大幅に変更されたため、その変更点について講義を通じて理解が深まりました。

また、法令改正とは別途、「宅地」と「土地」の定義や評価方法については案件ごとに大きく異なり、また評価者により解釈が異なりうることも再確認することができました。

小規模宅地特例の原則として、特別措置であるため申告期限内の提出が必須であるため、迅速な処理が必要であると痛感しました。 
U様

11_6takahashiy_2

小規模宅地の特例と一言で言っても、法律、施行令、施行規則など、複数で構成されているのは初めて知りました。

また、二世帯住宅について、当初は完全分離型二世帯住宅にも適用できることになった点のお話では、法律を支える施行令や施行規則の重要性を分かりやすく伝えて頂きました。 
S様

11_6takahashiy_3

相続税申告において小規模宅地の特例は活用していたが、前提等は良く知らなかったので、今回の講義で条文から知ることができ、より理解を深めることができた。

特に条文を知ることで厳密に判断することができるようになったと考えられる。

今後、申告時には自信を持ってお客様に提示することができると思う。 
H様