相続マイスター講座10期   第5講座の感想

庄司範秋 税理士
高松や東京での事例をもとに空き家の譲渡に関する空室の期間の判断やタワーマンションの財産評価の問題点、広大地評価における路地状開発の判断は、開発行為が甘い地域と厳しい地域があるので地方により裁決事例を参考にすると良い等、実務で活躍されている大ベテランの先生の話を直接聴くことができ、本当に良かったです。

今後、譲渡所得の案件で地主のお客様から空き家対策でアパートなどの貸家を売りたいとご相談を受けた際に本日の講義の話を仕事に活かしていきたいと思います。
U様

庄司範秋 税理士

空家対策や広大地の評価、タワーマンションやリフォームなど資産税に関する現代の問題点についてお話を頂きました。
そもそもの根本的な制度の理解がまだ深まっていないため、講義の内容を理解するためには更なる勉強が必要だと思いました。

タワーマンションの評価については年末の税制改正大網で話題になるであろうポイントだというお話だったので、注目してみようと思います。
B様

庄司範秋 税理士
税務に長くたずさわっている方から、税法の解釈の背景や、どのような影響があったのか等、貴重なお話をきくことができました。
特に小規模宅地の特例の改正については、興味深くきくことができました。
また、名義預金と名義株のお話が興味深かったです。

よく贈与は110万まで控除があるので生前贈与をして税金対策をするということがあります。
しかし、管理運用を贈与された側がきちんと行わないと名義預金とみなされて全く対策にならないということにもなるので、実際に提案をする際には注意が必要だと改めて思いました。
O様